見積もりの必要性|コストを抑えて引越し業者を利用|新居を傷つけない方法

コストを抑えて引越し業者を利用|新居を傷つけない方法

男の人

見積もりの必要性

箱を持つ作業員

伝えておくべき情報

引っ越し業者から見積もりをもらうときは、エレベーターの有無や転居先の道幅などを詳しく伝えておくようにしましょう。マンションの場合、エレベーターがある場合とない場合とでは作業の時間が変わってくるので、状況によって料金が高くなる場合があります。事前にエレベーターの有無を伝えておかないと、あとで追加料金を請求される場合があるので注意しましょう。また、新居の周辺に引っ越し業者のトラックが停められる道幅があるかどうかも事前に確認して伝えておくようにしてください。あとで追加料金を請求されないようにするためにも、引っ越し業者から見積もりをもらうときは、新居の情報を出来るだけ詳しく伝えておくようにしましょう。

見積もりの種類

引っ越しをする場合は、1ヶ月前に見積もりをもらうのがベストです。急な転勤で引っ越しが決まった場合でも、遅くとも2週間前には業者から見積もりをもらっておくようにしましょう。見積もりには簡易見積もりと訪問見積もりの2種類があります。簡易見積もりは、引っ越し予定日や荷物の量などを入力するだけで金額を出してもらうことができるので、時間がかかりません。ただし、正確な金額を知りたい場合は、訪問見積もりを利用した方が良いでしょう。訪問見積もりは担当者が実際に部屋まで来て見積もりを行うので、より正確な金額を出してもらうことができます。簡易見積もりと訪問見積もりでは金額に大きな差が出る場合があるので注意しましょう。