なるべく安く引っ越し|コストを抑えて引越し業者を利用|新居を傷つけない方法

コストを抑えて引越し業者を利用|新居を傷つけない方法

男の人

なるべく安く引っ越し

家族

訪問見積り前に不用品処分

荷物の量、人件費、移動距離(時間)によって引越し料金が決まりますが、作業員の数、移動距離は変えることはできなくて荷物の量は減らすことができます。荷物量を減らせば、準備するトラックも変るので料金を安くすることができます。しかし、家族の引越しだと荷物の量が多いので、計画を立てて荷物整理しておく必要があります。料金の見積りは、荷物が片付いていない状態でも営業マンの方が出してくれますが、新居では使わない物も見積もりの中に含まれてしまいますので、訪問見積もりが来る前に処分をしておく必要があります。ご家族なので荷物の量は多いですが、古着や本、ゲーム、DVD、家具家電などリサイクルショップで買い取ってもらうことができます。

諸手続き

引越しに伴う手続きは、業者を手配するだけでなく役所関係の手続きや、電気・ガス・水道などの停止と開始の連絡、金融機関に住所変更の手続き、インターネット回線の解約と新居での契約手続きなどがあります。特に役所関係は、転入届の提出、印鑑証明書、健康保険加入などがあります。何度も通わずに、一度ですべての手続きがすべて終わるようします。また、ご家族でお子様がいらっしゃる場合には、転校の手続きがあるので学校に連絡を入れる必要があります。単身よりもご家族の引越しは、荷物が多いだけでなく、やらなければならない手続きが多数ありますので、やることをリスト化しスケジュールを事前に立てて、スムーズに進めるようにしておきます。